FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強行スケジュール

今更10月初旬の話で恐縮ですが
4日間で倉吉→広島→島根(大田市)→鳥取という
とてもハードな出張ウィークがありました。
すべて車移動です。

車には浜省グッズ(DVD・ipod)がぎっしりなので
運転はそれ程苦ではないんですが、やはり疲れますし
各々どの現場でも丸1日座りっぱなしの会議があり、
さすがに腰が悲鳴をあげました。

勿論、移動は公共機関を利用すればいくらか楽なんですが
(今回は地理的な要因もありますけど)中国5県内の出張時は
僕は基本車移動が好きです。

だって、移動中に綺麗な景色があれば停まって撮影できますし
看板で気になる地名が出てきたら自由に移動できますもんね。

さて、今回はそんな移動時(広島から大田市)に撮影した
画像をいくつかご紹介します。

高速を降り、大田市に向かっている途中、気になる看板が
目に飛び込みます。「断魚渓 〇〇km」

これを見逃すわけにいきませんわな。

_MG_7467_convert_20121101183318.jpg  _MG_7455_convert_20121101183138.jpg  _MG_7454_convert_20121101183102.jpg      


長く急な階段を下りていくと、ひろい岩場が出現。そこに魚の遡りを妨げる
流れの急な、落差のある細い川が流れています。これが「断魚渓」の由来みたいです。

断魚渓の詳しい説明はこちら

撮影を終えて階段を上っている途中、お弁当を持って下りてくる
ちいさなお子様連れとすれ違いご挨拶しました。

これからまったりとした昼下がりを楽しむんだな~と思うと一瞬
僕も妄想の中でこのご家族と一緒にピクニックを楽しんでしまいましたが
いかんいかん、早く出張先に向かわねば。


さてさて、ふたたび車を走らせていくと、今度は「石見銀山」の看板が
目に入ります。

おおっ!今度は世界遺産のお出ましか!!これは行っとかないと。

ただ調べてみると、石見銀山を堪能するには少なくとも半日は必要だそうで…。
突然原因不明の腹痛に襲われるシチュエーションも考えなくはなかったんですが、
やはりここは出張を優先させます。当たり前か。

取り敢えず、石見銀山世界遺産センターだけ訪問し(結局行っとんかい!!)石見銀山に行ったぶんにします。

さて、到着予定時間に余裕があるとはいえ、そろそろ本気で出張先へ向かわねば。
そんな僕の目に飛び込んできたのが、こんどは世界一の砂時計がある
「仁摩サンドミュージアムはここを左折」の看板です。

もおぅ、どんだけ『世界』で攻めてくるん

と半ば辟易しながらも、出張への使命感に駆られる僕は
ハンドルをそちらにきってしまいます。ニヤケながら。。。


_MG_7479_convert_20121101183257.jpg  _MG_7477_convert_20121101183148.jpg  _MG_7483_convert_20121101183242.jpg
これが一年時計   何となく白黒で      実物大が下にも


この砂時計が落ち切るとちょうど一年。
今年も残りあれだけか・・・と、すこし感傷的な気分に。

_MG_7488_convert_20121101183251.jpg  _MG_7498_convert_20121101183316.jpg

入口にあった砂で動くオブジェ(左)と色々な砂時計(右) 手前のは砂じゃないけど。



これ、出張じゃなくてただの観光ですやん!!という突っ込みは置いといて・・・
この後、残りの予定も真面目にこなし、無事出張ウィークを終えたのでした。

関係者の皆様、何卒誤解のなき様お願い申し上げるとともに
深くお詫び申し上げまする~<(_ _)>
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。