FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撮影会in城崎 クリオネとペンギンと私編

さてさて、出石を出発して車で向かった先
本日のメイン撮影会場、城崎マリンワールドへ到着です。

入場時に渡されたガイドブックを確認すると
本日最後の「ペンギンのお散歩」が10分後に迫っています。

取り敢えず他のお魚達は後でゆっくり見ることにして
ペンギンのお散歩コースに向かおうという事になりました。急げっ!!

007_convert_20120531191835.jpg   _MG_6567_convert_20120531192636.jpg
おっと、ここでいきなりオオサンショウウオ君がお出迎え。
「きゃー、おっきい!」と、あっさり足を止められるメンバー2人。


何とかその場を離れ、お散歩コースを目指す僕の目に飛び込んできたのが
_MG_6571_convert_20120525140459.jpg
「きゃーっ、クリオネ!!!」 今度は僕の足が張り付きます。

「早くしないとお散歩始まりますよっ」
急かされる声にまったく耳を貸さず、レンズを変えながら撮影を試みますが
うまくいきません。ならばと、先日ご紹介したS100で再挑戦。

010_convert_20120525142636.jpg  012_convert_20120525142652.jpg
おおっ!!デジイチよりキレイに撮れました。すげぇ!!!


などと感動に浸っていたのも束の間。そうだ、お散歩!!
駆け足で階段をひたすら降ります。

_MG_6588_convert_20120525140428.jpg  _MG_6595_convert_20120531201658.jpg
何とか間に合った(#^.^#)
ここからしばらくはペンギンを中心に撮影。うーん、可愛い。


_MG_6601_convert_20120525140406.jpg   _MG_6593_convert_20120525140425.jpg
優雅に”飛ぶ”ペンギン    哀愁に満ちた背中


よし、お散歩も見れたし、戻ってお魚たちをゆっくり撮影だ。

_MG_6653_convert_20120530193908.jpg  _MG_6670_convert_20120530194045.jpg  _MG_6707_convert_20120530194133.jpg
愛嬌のあるハコフグ君   珊瑚礁のベッドでお昼寝   実は目が怖いナポちゃん 

_MG_6662_convert_20120530194059.jpg  _MG_6622_convert_20120530140054.jpg  _MG_6615_convert_20120530135930.jpg
求愛中かしら       旨そう・・・立派な足     ウキで一心不乱に遊ぶイルカ


_MG_6646_convert_20120530140237.jpg メンバー2人が萌え悶えていたアザラシの「もっと頂戴」のハグ


_MG_6633_convert_20120530140045.jpg   _MG_6640_convert_20120530140114.jpg   _MG_6803_convert_20120531204412.jpg
勿論、鑑賞中のメンバーも素敵な被写体です。撮ってるつもりが撮られてます。




_MG_6748_convert_20120530194115.jpg_MG_6749_convert_20120530194123.jpg_MG_6750_convert_20120530194158.jpg_MG_6751_convert_20120530194144.jpg
最後はイルカショー。これ気持良さそー。




さあ、たっぷりと撮影・鑑賞を満喫した後、そろそろ日も暮れてきたので
家路につきます。

ただ、家に着くまでが撮影会。帰り道も絶好のポイントを見つけては
車を停め、貪欲に撮影をしていきます。


_MG_6809_convert_20120530194407.jpg 偶然通りかかった「はさかり岩」 ホントにはさかってるーーー。



_MG_6829_convert_20120530194412.jpg   _MG_6827_convert_20120525181046.jpg
高台に建つ小屋と、そこから見下ろす海は絶景!!



楽しい時間はあっという間に終わりを告げます。
久しぶりにカメラに夢中になった撮影会は、こうして幕を閉じたのでした。
機会があれば、こうした撮影会を定期的に開催したいものです。

スポンサーサイト

撮影会in城崎 ぶらり出石そばの旅編

どうも、専務です。

先日、(一応)クラブとしての活動である「撮影会」を
久しぶりに行いました。今回、撮影地として選んだのは
出石→城崎マリンワールドです。

当社のお客さんを巻き込んだこの行事。
要はクラブ活動と称して、「一緒に遊びませんか」的な
スタンスですので、ストイックにカメラの技術向上に努めたり
薀蓄を語り明かしたりというものではありません。
開催も基本的には不定期。要するに思いつきです。

今回も、おいしい出石そば食べて、イルカさんに会いに行かない?
という、僕の何ともゆる~い発案によるものでした。

心配だったのは当日の天気です。最近の僕の雨男っぷりには
僕自身、散々泣かされてますからね。

前日の天気予報は快晴だったので、先日お伊勢さんにお参りした
ご利益かなと喜んでましたが、ふたを開けてみると何と何と
まーー見事に中途半端な薄曇り。

ちょっとがっかりですが、もしお伊勢参りしてなかったら
今回も"暴風雨"だったかも知れない、これで良かったんだと
多少強引ですが、思考回路をポジティブに切り替えます。


朝、発案者自ら寝坊をして出発が30分遅れるというアクシデントを
みんなの勇気と広い心で乗り越え、無事お昼前に出石町に到着です。

お目当てのお蕎麦屋さんは決めていたので、取り敢えずしばらくは
出石町内を「ブラタ○リ」しながら撮影していこうという事になりました。

_MG_6538_convert_20120525140103.jpg 出石のシンボルとも言える時計台


_MG_6545_convert_20120525140149.jpg    _MG_6543_convert_20120525140142.jpg    _MG_6542_convert_20120525194650.jpg
時計台の向かい側にあるお土産屋さんの、のれん越しに時計台をパチリ。
お店の入口に架かっていた小物も可愛らしかったので、失礼してパチリ。
残念ながらシロ店長は気まぐれ出張中。

_MG_6547_convert_20120525140213.jpg    _MG_6552_convert_20120525140204.jpg    _MG_6554_convert_20120525140224.jpg 
街道沿いのお店で売られていた生わさびや、道端に咲いていた花も
素敵な被写体です。

こんな感じで町を散策していると、本当に偶然ですがお目当てのお蕎麦屋さんの前
まで来ていました。それがこの「花水木」さんです。

_MG_6550_convert_20120526182237.jpg
携帯で場所を検索しようとしていた所だったので、この偶然にはちょっと感動。
おなかもちょうど良い減り加減なので、そのままお店の中へ。

出石に来たらやっぱり皿そばだろ!という心の葛藤もありましたが、
散策で体が火照っていた事と、(年齢からくる?)胃腸の弱り具合もあり
どうしてもこのあっさり系に心を奪われ、僕の注文したのは「冷やし梅おろし蕎麦」

004_convert_20120525194942.jpg

蕎麦の風味と共に、梅と大根おろしのサッパリした酸味が絶妙にマッチして
最高に美味しかったです。

003_convert_20120525194921.jpg  001_convert_20120525195004.jpg  002_convert_20120525194958.jpg
勿論皿そばも魅力的。こちらのお店では、つけ麺風のおつゆ(具もいろいろ選べる)で
食べる事もでき、そちらも大変美味しかったそうです。


おなかも満たされ、お蕎麦をお土産に購入した後は、また出石探索に戻ります。

_MG_6555_convert_20120525140343.jpg   _MG_6560_convert_20120525140337.jpg
出石城跡の入口に架かる登城橋



デザートに熱望していた「そばのみたらし団子」は、残念ながら食べる事が出来ませんでしたが
代わりに濃厚なそばソフトを食べ、たっぷりと散策を堪能した後、次のメイン会場である
城崎マリンワールドへ向けて、出石を後にするのでした。

PowerShot S100

前回、GWに行った奈良・伊勢での画像をアップしましたが、
この同窓会に向けて、実はコンデジを購入していました。

常々、デジイチだけだとさすがに持ち運びが不便なので
ちょっとしたお出かけや出張にも持って行けるくらい
(スーツのポケットに入るサイズ)のもので
一台で広角からミクロまで撮影でき、高画質なものが
欲しいなと思っていたんです。

そこで色々候補を絞って検討していましたが、自分の
要望にバッチリ当てはまる1台があったんです。
それがこの、CANONのPowerShot S100 です。

_MG_6528_convert_20120521162713.jpg  _MG_6507_convert_20120521162710.jpg

ここでは敢えてメカニカルな薀蓄は語りませんが、
この小さく薄いボディの中に最新テクノロジーが満載されております。

とにかく撮れる画が素晴らしい!!ホントにコンデジ?ってくらい
高精細な画がカメラ任せで撮影できますし、設定も色々と変更できるので
自分の意思を反映させた画づくりも出来ます。

007_convert_20120521161006.jpg  009_convert_20120521161032.jpg

f2.0の明るいレンズで暗所にも強く、薄暗い店内の料理や夜景撮影もお手の物。
マクロ撮影時なんかは強烈な手振れ補正が効き、デジイチ使用時より失敗写真が
少ないんじゃないかってぐらい優秀です。

そして、最近のデジカメでは当たり前になったアートフィルター機能も充実。
その種類も豊富で、未だに全部は使いこなせていませんが、これが面白い。

今お気に入りなのが、指定した色だけを残し、あとは白黒で写るというもの。
まずは普通に先程の花壇を撮ると

012_convert_20120521161139.jpg

これを、オレンジだけ残して撮るととこうなります。

013_convert_20120521161225.jpg

同じように、青だけ残して僕の汚いデスクの上を撮ると

001_convert_20120522170705.jpg

途端にアートっぽくなりますね。ならないか?

まぁ、こんな風に色々遊べてしかもキレイに撮れる。素晴らしいカメラです。
今後も常にポケットに忍ばせて、決定的瞬間を撮っていきたいと思います。



同窓会(後半)

さてさて、三重県2日目の朝。とりあえず同窓会は
これにて終了。後は各々自由行動となります。

鳥取組の3世帯は当然のごとく、せっかくここまで来たんだからやっぱり
お伊勢さん(内宮)には参っとかないとな!という事になります。

朝のニュースで見た"伊勢方面35km渋滞"の情報を無理やり頭の隅に追いやって
よーし行くぞ!!と勇んでホテルを後にします。

幸い大きな渋滞に巻き込まれる事なく、途中シャトルバスに乗り換え
正午過ぎにはお伊勢さんに到着出来ました。と言うか、シャトルバス使ってなければ
お伊勢さんには到着出来なかったと思います。それ程付近はひどい渋滞でした。

_MG_6492_convert_20120506133244.jpg

この日は非常に風が強く、天気がコロコロ変わります。ちょうど青空が
見えた所をPLフィルターをレンズ゙に装着してパチリ。しかし、太平洋側の空は
明らかに山陰の空と"青さ"が違います。う~ん、気持ちイイ~。

006_convert_20120513163150.jpg  _MG_6431_convert_20120513172205.jpg

しかし、見渡す限りの人、人・・・ヒト。かなりの数です。神様もこれだけ沢山の人の
願い事をきかなければならないのですから、少し気の毒になってしまいます。

_MG_6433_convert_20120506170702.jpg  _MG_6435_convert_20120506170711.jpg

五十鈴川と御手洗場です。正式にはここで身を清め、参拝するのだそうです。

_MG_6447_convert_20120506143611.jpg  _MG_6438_convert_20120506165545.jpg  _MG_6441_convert_20120506143501.jpg  _MG_6452_convert_20120506144107.jpg 

正宮に向かい進んで行くと新緑が目に鮮やかで、立派な木々も立ち並び
それらを見ながら歩いているだけで、心も体も清められていくようです。

とその時、僕達より1本前のシャトルバスで20分程先に到着していた友人から
電話が入ります。どうやら既に正宮前まで来ているようですが

「すげぇことになっとる。心して来い。」との事。どうしたんでしょうか。



_MG_6457_convert_20120511134412.jpg  _MG_6458_convert_20120506142326.jpg

キャ~~~ッ、すげぇことになっとるぅ~~!!!

こうなると、前には勿論の事、後ろに引き返すこともできません。
まぁ、ここまで来て引き返す事は無いですが、身動きが出来ないと意識した
途端にトイレに行きたくなるので不思議です。

また、写真撮影はここまでしか出来ない事をこの時点ではじめて知り
テンションも少し下降気味。しかたなくカメラをバックへしまいます。

約1時間後、無事正宮へのお参りを済ませ、またカメラを首に掛け直し
順路に従い進みます。

来年は20年に1度の式年遷宮があり、現在の正宮を拝めるのは今年が
最後だそうです。貴重な体験が出来ました。


_MG_6475_convert_20120506143608.jpg  _MG_6479_convert_20120506141547.jpg  _MG_6484_convert_20120506141539.jpg  008_convert_20120514120003.jpg


別宮荒祭宮と内宮神楽殿です。

この後、更に並んでお守りを購入しました。
お伊勢さんのお守りは色も形も大変可愛らしく、持ってるだけで元気に
なれそうです。

001.jpg

何年後か分りませんが、今回集まった皆がまた元気に再会できる事を
祈りつつ、伊勢神宮を後にするのでありました。

同窓会(前半)

どうも、専務です。久々の更新です。

あっという間にGWも終わりましたね。
みなさんはいかがお過ごしになられたでしょうか。

僕は5月3日・4日に、大学時代の同窓会に出席するため
三重県にあるリゾートホテルへ行ってまいりました。

同窓会と言いましても、当時いつもつるんでいた同期9人、久々に
全員集合しようというもので、せっかくだから嫁さんや子供も連れて来て
一緒に遊ぼうぜ!!というノリです。

普段は鳥取・岡山・京都・大阪・三重でそれぞれ生活していて
全員が一堂に会するのは十数年ぶりですし、それぞれの家族も含めて
集まるのは初めての事です。2日間通してテンションは常にMAXでした。

今回は前半の奈良東大寺・興福寺~ホテルまでのルートで撮影した
写真をアップしたいと思います。久々なので写真いつもより多めにあげております。


_MG_6349_convert_20120506180701.jpg  _MG_6350_convert_20120509205438.jpg  _MG_6400_convert_20120509205632.jpg

まずは金剛力士像。迫力あります。
  
_MG_6355_convert_20120506175346.jpg  _MG_6359_convert_20120506180739.jpg  _MG_6364_convert_20120506175552.jpg  _MG_6362_convert_20120506175546.jpg

徐々に大仏様に近づいていき、テンションは最高潮に。

_MG_6372_convert_20120506175647.jpg  _MG_6385_convert_20120509212225.jpg  _MG_6377_convert_20120506175722.jpg  _MG_6398_convert_20120506175853.jpg

そして遂に大仏様!と思いきや、この日はお茶会なる催しがあるそうで、
大仏様正面にはたくさんのパイプ椅子と仕切りがあり、正面の画が撮れませんでした。残念。

_MG_6386_convert_20120511112634.jpg  _MG_6389_convert_20120506175737.jpg
大仏様の後ろに展示してある広目天像と鬼瓦。

さて、奈良東大寺に来たら必ずと言っていい程のお約束行事、大仏様の
鼻の穴と同じ大きさであるとされる柱の穴くぐりがあります。
勿論、一緒に来ていた同期の友人も、子供に「ほれ、くぐって来い!」と促します。
が、その友人と「この穴くぐれたら何にいいんだっけ?」という話になり
二人して「何だっけ??何かええ事あるじゃねぇか?」というダメ大人っぷりを発揮します。

帰ってからネットで調べてみると諸説あるようで、ちょうどこの柱の位置が鬼門にあたり、
この穴が邪気の通り道になるようで、この穴を通れば厄除け、無病息災、ひいては頭が良くなる
等々いろいろとご利益があるらしく、「何かええ事ある」で間違いでは無い事が分りました。
良かった良かった。

_MG_6392_convert_20120511120539.jpg  _MG_6393_convert_20120511120606.jpg

何はともあれ、穴をくぐったよし君・しゅう君も楽しそうですし、
健やかに育ってくれるでしょう。めでたしめでたし。

_MG_6406_convert_20120506175820.jpg  _MG_6415_convert_20120506175917.jpg 

その後、国宝館で千手観音や阿修羅像を見学し、興福寺で東金堂、五重塔、南円堂とまわり
いざ集合場所のホテルへと移動です。

002_convert_20120507081927.jpg  003_convert_20120507082004.jpg

途中、有名な彩華ラーメンを食べ(写真左)、目的地のホテルへ到着。
このホテルで働く同期生に便宜をはかってもらい、各家族にコテージを
用意してもらいました。写真右はそのうち、未だ家族の無いやもめ共
の泊まるコテージで、夜は9人全員が集まるベースキャンプになる所です。
私もここに泊まるわけですが(涙)、とても広く快適でした~。

温泉につかった後、夕食は全員揃って伊賀牛に舌鼓を打ちつつ親交を深め、
そして夜はベースキャンプにて深夜まで、大学時代に戻りバカ話に花を咲かせたのでありました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。