FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春ららら

_MG_8842_convert_20130405172323.jpg

いやぁ、本格的に春ですね。

歩いていても、車を運転していても
何をしていても気持ちがいい。


_MG_8860_convert_20130405172359.jpg

こんな時昔から、自然とあるフレーズを口ずさんでしまいます。

 ♪はる~という字は~ 三人の日と書きます~♪

誰のなんて曲かも知りませんし、この部分しか知りません。
ですが、春になるとふとこのフレーズが頭をよぎります。

気になって調べてみたら、石野真子さんの
「春ラ!ラ!ラ!」という歌でした。

_MG_8856_convert_20130405172355.jpg


1980年という事は、僕がまだ5歳の時の歌。
子供の頃に聞いて、その小気味良いテンポと楽しげなフレーズが
そのまま耳に残っていたんでしょう。


しかし、今になってよくよく歌詞を読んでみると、
実はこれがとんでもない内容でした。


_MG_8867_convert_20130405172410.jpg


♪春という字は 三人の日と書きます
 あなたと私と そして誰の日?

あなたが好きになる前に ちょっと愛した彼かしら
 会ってみたいな 久しぶり あなたも話が合うでしょう

三人そろって春の日に 三人そろって春ラ!ラ!ラ!
何かはじまるこの季節  三人そろって 春ラ!ラ!ラ!♪

_MG_8851_convert_20130405172341.jpg


春ラ!ラ!ラ!ぢゃねぇ!!!!!と、突っ込みどころ満載。
歌の中の女性の、その能天気さに、ふてぇ野郎もいたもんだと。。。

何か始まるこの季節・・・って、この先には修羅場しか残ってないんじゃね?

_MG_8883_convert_20130405172425.jpg



まぁしかし、僕ももうれっきとした大人。
色々な経験を積んで、ある程度の分別や理解力もあるつもり。

この女性の天真爛漫さを可愛いと思える余裕や、
この先に待つものは修羅場だけではないという事も分ります。

その証拠に、この歌詞を読んだ刹那、昔ボキャブラで見た
ある替え歌が更に頭をよぎります。


 ♪ある~ぅ日、森のなっか、熊3P~♪


_MG_8884_convert_20130405172435.jpg



追記:春の陽気に浮かれ、大変下品な内容になった事を
   心より反省し、深くお詫びいたします。
   お口直しに、ページ内に散りばめたサクラの画像をお楽しみください。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。